おすすめ作品紹介

【ネタバレ無し】継母の連れ子が元カノだったの良さをオタク全開で語る記事

 

どもども、まっちゃです🍵

今回は僕が今ハマりにハマっているラノベをご紹介。

タイトルは「継母の連れ子が元カノだった」です。

 

タイトル自体はまあ、最近のラノベらしい普通のタイトル。

まあ、ありそうだよね。ぐらい。

でもね、違うんよ。

この作品を一言で表すと....

 

エッッッモイ

 

もう激エモ。

こんな作品を待ってた感がすごい。

今日はオススメポイントを3つに分けてご紹介していきます。

 

それでは参りましょう!

 

 

パワーバランスの平等さ

 

ほっっっとんどの恋愛作品では、どちらかに主導権があるじゃないですか?

ドSイケメンが主導権を握っていたり、ツンデレヒロインが強かったり....

なんかああゆうの、あんま好きじゃないんですよね。

うまく言えないですけど、とにかくなんか嫌。

 

その点、「継母の連れ子が元カノだった」は最高なんです。

どちらが強いでもなく、平等です。

 

でも、そんな事したら物語にメリハリが無くなっちゃうんじゃない?

 

そう思うじゃないですか?

違うんだなー。

お互いが主導権を握りあう事で、物語に見事な抑揚を生み出しているんですよ!!

 

ある時は一方の立場が弱くなり、ある時はもう一方の立場が弱くなり...

基本的にこの繰り返しによって物語が進んでいきます。

そう、言うなればこのラノベは、絶え間ない波状攻撃を読者にしかけて来るわけです。

 

半端じゃないです。

 

ユーモアが最強過ぎる

 

「青春ブタ野郎シリーズ」「化物語」

この辺りが好きな人はこの作品に351%惚れます。

会話にユーモアが溢れすぎてて...

なんか、気付いたらニヤけてる。

 

んで、物語が一息ついたところで「ハッ!ニヤけてた」と気付く。

分かってもらえますかね?

この気持ち(笑)

 

これが作中に何度も起こります。

その上、詳しくは次の章で話しますが、エピソードもしっかり作り込まれているというのがこの作品の特徴ですね。

「化物語」なんかは、完全に会話がメインと言うか、正直言って西尾維新の言葉遊びを楽しむって作品じゃないですか?

 

それに対して「継母の連れ子が元カノだった」は、ついニヤけてしまうエピソードが盛り込まれている。

つまり、会話でのニヤけにエピソードでのニヤけが重なって、2乗されます。

かくしてニヤけは限界突破。

こんな表情に自然となってしまいます。

素晴らしいですね?

 

 

伏線回収がオシャレ過ぎる

 

この作品が最強たる所以がこれです。

伏線回収がとにかくオシャレ過ぎる。

分かります?

伏線回収が素晴らしすぎる時の、あの身もだえてしまう感じ。

素で腕ブンブン振りたくなっちゃう感じ。

 

あれが1巻に何回も登場するわけです。

そんなんもうチーターやない!ビーターや!!

 

 

「ビーター...いい呼び名だなぁ、それ。そう...俺はビーターだ。」と、作者は公式にコメントしております。(していません。)

まあ冗談はさておき、伏線回収がスゲえと。

んでもって、それだけじゃ終わらないのがビーター紙城(作者の名前)

 

伏線回収のテンポも良い

 

伏線回収がオシャレな上にテンポも良いとか反則ですよねもはや。

チーター、ビーターときたら、次は何なんでしょうね?笑

恐らくデベロッパーぐらいですかね(ベータテスター×チーター=ビーター。これより上だったらデベロッパーという理論。)

 

話が逸れましたが、とにかくテンポが良いです。

さきほど「青ブタシリーズ」を似た作品に挙げましたが、あれは1巻で1つのデカいエピソードじゃないですか。

 

それに対して「継母の連れ子が元カノだった」は、1巻につきエピソードが6個前後含まれています。

そして最大のポイントなのが、1つ1つのエピソードに、しっっっかり!オチが付いているという点です。

 

はじめの一歩で言ったらリカルド・マルチネス。

ジャブ1つ1つが相手にぶっ刺さるという神の拳の持ち主。

 

番外編:たかやKiさんのイラストが神

 

これは物語とは関係ないのですが、イラストが神です。

マジで神です。

表紙をパッと見た感じ、「ああ確かに結構かわいいな」ぐらいにしか思わないかもしれません。

 

でもラノベって大抵、表紙をめくると、カラーでセリフ付きの絵が何枚か載ってるじゃないですか?

ンもーこれがン神!!!

見れば分かります。たかやKi神です。

 

ちなみに皆さんはこの部分を最初に見る派ですか?それとも1回飛ばして、読んでからカラー絵を見に行く派ですか?

僕は物語の知識0で読みたい派なので、読んでからカラー絵を見に行く派です。

 

...でも、時々絵が気になり過ぎて見ちゃう(笑)

んで、まあまあなネタバレ食らって後悔する。(特に「三角の距離は限りないゼロ」1巻ではギガンテス後悔した。)

でも見ちゃう。学習しない系オタクです。

 

結論:ニヤニヤしっぱなしで読める

 

結論これですね。

  • パワーバランスの平等さ故に実現しうるエピソードの数々にニヤニヤ
  • ユーモア最強の会話でニヤニヤ
  • 伏線回収のオシャレさでニヤニヤ

 

もうニヤニヤが本当に止まりません。

特に、青ブタ好きと化物語好きにはブッッッ刺さると思います。

「刺さり過ぎてササになったわね」と、某一般大学生はコメントしております。(しております。)

 

この作品は100%アニメ化しますね。断言します。

それぐらい面白い作品なので、ぜひぜひぜひぜひ読んでみてください!!!

 

それでは今日はここまで。

ンまたな('ω')ノ

-おすすめ作品紹介

Copyright© アニコミる!? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.