おすすめ作品紹介

この音とまれ!という神漫画について紹介した

 

どもども、『10年で5000冊の漫画を読んだマンガマイスター』まっちゃです🍵

今回は【2020年最新版】おすすめ音楽漫画ランキング20選で見事2位に輝いた、この音とまれ!という神漫画について紹介します。

 

筝曲部(楽器の琴の部活)を題材にした漫画です。

とりあえず基本情報から見ていきましょうか!

 

『この音とまれ!』の基本情報

アミュー(ジャンプコミックス)

基本情報

  • 発行部数:300万部(2019年5月時点)
  • ジャンル:音楽(琴)、青春
  • その他:作中に登場するオリジナル楽曲がCDとして販売されている。珍しい。
  • 文化芸術祭/優秀賞受賞

一言まとめ・おすすめポイント

圧倒的画力に”美”を感じ、青春の尊さに”麗”を感じる物語

 

こんなところです。

作中のオリジナル楽曲が販売されているのが最高です。

漫画を読んだ後にオリジナル楽曲を聞くと、感動もひとしお。

自然と涙が溢れてきます。

 

Youtubeにも公式からアップロードされていますので、読んだ後にぜひ、聞いてみてください!

 

次にあらすじ。

以下のような感じです。

 

~あらすじ~

先輩が卒業して箏曲部ただ一人の部員になってしまった武蔵。四月になり新入部員の勧誘に励むのだが、部の存在自体を知らない人も居る状態。そんな彼の前に現れた、見るからに不良で箏とは縁の無さそうな新入生が入部したいと言い出して!?

 

うん、見事に魅力が伝わらないあらすじだな!

 

という事で、次からは魅力を解説していきます。

 

『この音とまれ!』の魅力とは(ここからネタバレ注意)

 

僕が思うに、この音とまれ!には3つの大きな魅力があります。

以下の3つです。

  • 圧倒的美麗な絵
  • 演奏シーンの背景にある、ドラマチックなストーリー
  • ”音”の表現の技巧

詳しく話していきます。

なお、ここから画像付きで解説していくので、ネタバレ要素を含みます。

ご注意ください。

 

圧倒的美麗な絵

 

この音とまれ!は書き込みがスゴいんですよね本当に。

とりあえず参考画像貼っておきます。

 

 

 

どうですか?

すごくないですか?

めっちゃ綺麗。

 

特に、”髪の毛”にこだわっている気がしますね。

すごく細くて繊細なタッチで描かれています。

 

それと、演奏シーンの1枚絵の迫力がエグいです。

まるで絵画のような美しさがあります。

 

演奏シーンの背景にある、ドラマチックなストーリー

 

”泣ける演奏シーン”というのは、それ単体では完成しません。

背景にあるストーリーで肉付けされる事によってはじめて、”泣ける演奏シーン”が出来上がります。

 

そういった意味で、この音とまれ!は素晴らしい。

月9の感動系ドラマですか?

と言いたくなるぐらいのエピソードが描かれます。

 

そしてエピソード全てが名作級。

これだけで読む価値があります。

 

”音”の表現の技巧

 

音楽漫画で一番難しいのが、”音”の表現。

音の伝わらない紙面で、どう”音”を伝えるか。

そこに作者の技量が問われるわけです。

 

その点、この音とまれ!の作者であるアミューさんは超絶技巧を持っています。

とにかく”音”の表現が繊細。

うっとりしてしまうような演奏シーンを完成させています。

 

 

こんな感じで、絵の色気がすごい。

何ならプリントアウトして額縁に飾りたいレベルです。

 

結論:『この音とまれ!』を読みましょう

 

読んでください。マジで。

レンタルでも何でも良いので。

 

『この音とまれ!』を購入したい、という場合は電子コミックサイトで購入するのがおすすめです!

その理由は、50%OFFで電子コミックが買えるから。

「どの電子コミックサイトが良いの?」という方は以下の記事をご覧ください。

 

【37サイト徹底比較】おすすめ電子コミックサイトランキング

続きを見る

 

そんな訳で、今日は以上になります。

ンまたな('ω')ノ

 

アミュー(ジャンプコミックス)

 

 

 

-おすすめ作品紹介

Copyright© アニコミる!? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.