おすすめ作品紹介

『娘の友達』肩書きに振り回されている人に読んで欲しい漫画を紹介した

 

どもども、10年で5000冊以上の漫画を読んだマンガマイスター、まっちゃです🍵

今日は『娘の友達』というマンガについて紹介します。

早速いつもの”やや辛口評価”から。

 

※各項目25点満点

画力:20点

ストーリー:22点

世界観:22点

テーマ性:23点

総合評価:87点(100点満点中)

 

この作品の最大の特徴はテーマ性にあります。

現代に生きる人の柔らかい部分に踏み込んでくる。

 

だから、深く深くココロに刺さるんです。

そんな『娘の友達』の魅力をここから深堀りしていきましょう。

それでは参ります(゚∀゚)

 

『娘の友達』の基本情報

萩原 あさ美(モーニングKC)

基本情報

  • 既刊:4巻
  • ジャンル:サスペンス、恋愛
  • 作者:萩原あさ美

~あらすじ~

家庭では「父親」として、会社では「係長」として、「理想的な自分」を演じるように生きてきた主人公・晃介。だが、娘の友達である美少女・古都との出会いにより、彼の人生は180度変化する。社会的には「決して抱いてはいけない感情」に支配されながらも、古都の前では自己を開放でき、社会の中で疲弊した心は癒やされていく……。「社会」のために「自己」を殺す現代社会へ鋭く切り込む、背徳のサスペンスが幕を開ける。

一言まとめ

痛烈な社会的テーマを読者に投げかける恋愛漫画

 

『娘の友達』の魅力とは

 

僕が思うに、『娘の友達』という作品には3つの魅力があると思います。

3つの魅力

  • 誰もが抱える”肩書き”に対する気持ちを代弁してくれる高揚感
  • 薄氷の上に成り立つ恋愛へのドキドキ感
  • 壊れた恋愛物語の中に見出す古都のかわいさ

 

1つずつ解説していきますね。

 

誰もが抱える”肩書き”に対する気持ちを代弁してくれる高揚感

 

「父親でも課長でもない俺はいちゃいけないのかよ...」

 

このセリフを読んだ時、震えました。

きっと誰もが、”肩書き”の下に埋もれている”本当の自分”を探している。

そんな気持ちを、紙面に載せて代弁してくれているんですよ。

 

こんなの、読むのに夢中になってしまいますよそりゃ。

あなたの持つ肩書きは何ですか?

 

薄氷の上に成り立つ恋愛のドキドキ感

 

あらすじにもあるように、『娘の友達』は背徳のサスペンス。

常にスレスレを攻める物語に、ドキドキせずにはいられません。

早く結末を見たくて、ページをめくる手が止まらなくなります。

 

売りたいからドキドキすると言っているのではなく、本当にドキドキします(笑)

 

壊れた恋愛物語の中に見出す古都のかわいさ

 

ヒロインの古都がかわいいんですよ。

しみじみかわいいとかじゃなくて、脳に直接ぶち込まれる系のかわいさです。

例えば、この描写。

 

 

あざとさの極地みたいな1シーンなのに、なぜか可愛く見えてします。

恐らく、”背徳サスペンス”というジャンルに絶妙にマッチしているのでしょう。

 

このように、『娘の友達』でしか味わえない独特のヒロインの可愛さを味わえるのも1つの大きなポイントですね。

 

『娘の友達』まとめ

 

『娘の友達』を改めてまとめると、以下のようになるでしょう。

社会派背徳ラブサスペンス

 

倫理的タブーに踏み込んだ見事な一作ですね。

 

『娘の友達』を読むなら電子コミックサイトがおすすめです!

その理由は、50%OFFで電子コミックが読めるから。

「どの電子コミックサイトが良いの?」という方は、以下の記事をご覧ください!

 

【37サイト徹底比較】おすすめ電子コミックサイトランキング

続きを見る

 

それでは今回はこれでおしまい。

ンまたな('ω')ノ

 

萩原 あさ美(モーニングKC)

 

ebookjapanで『娘の友達』を無料試し読みする

 

 

 

-おすすめ作品紹介

Copyright© アニコミる!? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.