ネタ&雑記

【ネタ】SAOアリシゼーション編・リーファ触手プレイの意義について真剣に考察した

 

やあみんあ、まっちゃだ🍵

今回はTwitterで急に話題になっている触手プレイについて。

事の発端はSAO3期2ndクール第一話のこのシーン。

 

そう、リーファが触手プレイを受けている。

その唐突さとエロさゆえに、大きな話題となっている。

今回はこの触手プレイをキッカケに、触手プレイを包括的に考えていこうと思う。

 

なぜ触手プレイは興奮するのか?

 

このツイートの通り、触手プレイというのはあらゆるアニメに見受けられるシーンだ。

この事から、触手プレイには多大なる需要があると考えられる。

つまり、みんな触手プレイが大好きなのだ。

 

でも、なぜ?

なぜ触手プレイが好きなのか?

なぜ衣服がはだけている訳でもないのに、興奮してしまうのか?

 

思考を重ねた結果、1つの結論にたどり着いた。

パブロフの犬で有名な”条件反射”だ。

パブロフの犬とは、以下の実験結果のことを指す。

 

  1. イヌにベルの音を聞かせる。
  2. イヌにえさを与える。
  3. これを繰り返す。
  4. すると、犬はベルの音を聞いただけで、えさが与えられる事を予感し、唾液を出すようになる

 

つまり、「ベルの音=えさ」という等式が犬の頭の中で完成するのだ。

これを触手プレイに転用すると、こういうことになる。

 

  1. 18禁の触手プレイを見て興奮する。
  2. オナニーする。(快楽を感じる)
  3. これを繰り返す。
  4. すると、触手プレイを見ただけで快感を予感し、興奮するようになる。

 

つまり、「触手プレイ=性的興奮=オナニー(快楽)=触手プレイしゅきぃ」という図式が、変態紳士のみなさまの脳内に出来上がっているのだ。

 

ゆえに、肌の露出を伴わない触手プレイでも興奮する。

まっちゃ
今回のリーファの触手プレイで興奮したとしても、決して君がド変態という訳ではないので、安心してくれ!!!

 

リーファが触手プレイに巻き込まれた意義は?

 

では、本題に入ろう。

リーファが触手プレイを受けたことには意味があったのか?

結論から言うと、「重大な意味がある。もはや触手プレイが最適解」といったところである。

 

重大な意味がある

 

みなさんにはSAOアリシゼーション編第10話のこのシーンを思い出して欲しい。

 

このシーンではティーゼとロニエが、飛翔しているキモ男にぺろぺろされる。

 

そのキモさはSAO史上でも最高峰と言われており、全視聴者をおう吐寸前まで追い込んだ。(ただし、シノンの自宅に押し掛けて、全人類が泡吹いて倒れるレベルのキモさを披露した新川恭二には敵わない模様。新川恭二は”CV:花江夏樹”であり、文字通り「役者が違う」という訳だ。)

 

このシーンで最重要なのは、『人を助けようとして”禁忌目録”を破り、ユージオの右目が吹き飛ぶ』という点だ。

 

触手プレイも全く同じ構図

 

今回の触手プレイでも、リーファが触手にぺろぺろ、いや、ガブガブされている。

それに怒ったオーク族のリルピリンが、『リーファを助けようとして”禁忌目録”を破り、右目が吹き飛ぶ』という訳だ。

 

 

「え、ペインアブソーバぶっ壊れてるんだよね?痛過ぎじゃね?触手貫通しちゃってるんだけど???」

という話はさておき。

 

これは10話のユージオと全く同じ構図。

 

つまりこの触手プレイには、「魔族も人間と同じように、誰かの為に怒り、”禁忌目録”を破ってまで守りたいものがある(=魔族も人間も同じ)」というメッセージが込められており、皇帝ベクタが倒されたあとのアンダーグラウンド世界の大団円的展開を示唆する形となっている。

 

つまりはハッピーエンドへの布石であり、メッセージ性に富んだ最重要レベルのワンシーンだと言える。

 

触手プレイにする必要はあったのか?

 

最後に、この点について考えていこう。

あのシーンに必要だった要素は以下の2つだ。

 

  1. 禁忌目録を破って左目が吹っ飛ぶ(必要条件)
  2. リーファの危機→リルピリンが助けるという構図(十分条件)

 

早い話、リルピリンの目が吹っ飛べばそれで良かった。

さらにその時、リーファを助けるという構図であれば、ハッピーエンドへの布石としてより強い意味を持つようになると言ったところだ。

 

触手プレイを代替できるようなシチュエーションはあるのか?

 

上記の2つの条件を満たすようなシーンは、触手プレイ以外にあるのか?

結論としては、「あるかもしれないけど思い浮かばない。」

 

アニメ全体の尺の関係で、あのシーンにかけられる時間は限られている。

そんな中で、インスタントにリーファの危機を作り出し、さらには敵役にリルピリンを直接的に”豚”と罵らせることによって、ぶt...リルピリンの激昂を誘う。

 

さらには視聴者への眼福も提供できる。

こんなに完璧なシーンは、触手プレイ以外では実現し得なかっただろう。

 

結論:触手プレイ最高

 

これが唯一無二の結論である。

ビバ・触手プレイ。

SAO3期2ndクールは始まったばかりなので、みんなで楽しもう!

 

もし1話を見逃してしまったという方は、Abemaで7月18日までなら無料で見れるのでオススメ。

AbemaでSAOを見る

 

まっちゃ
7月18日を過ぎてしまった場合、以下の動画配信サービスで1話から観れるぞ!

 

全て無料体験期間が2週間~30日あるから、とりあえず無料体験だけでもするのがオススメだ。

 

U-NEXTdアニメストアAmazon PrimeHuluNetflix

 

どの動画配信サービスが良いか分からないという人は、とりあえずU-NEXTの無料体験で間違いない。

合計2789円のサービスを無料で体験できる。

 

もしくは、以下の記事を参考にして選んで欲しい。

【お試し無料】アニヲタがアニメ見放題15サービスを比較してみた!

続きを見る

 

 

それじゃ今日はこれでおしまい。

ンまたな('ω')ノ

 

 

 

 

-ネタ&雑記

Copyright© アニコミる!? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.